読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹沢だけどモラレス



野球ピッチャー伸長世直し~メンテナンスを良くするリハーサル法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 作成】映画2枚分隊

三井浩二氏作成のDVDにもあることであるのですが、
メンテナンスの乏しい投手の4つの問題点であります。
スキルあふれる投手なのにメンテナンスが悪くてゲームで使いづらい投手は多くいます。一際左手投手に数多く蔓延るシチュエーションだ。
凄い球元凶を持っていて荒れ球が魅力の投手もいますが、勝ち続けられる投手は一部だ。
メンテナンスが悪賢い投手は4つの会社で良くないです。
難題1
四球、死球が出るといった非常時がのさばる
難題2
球総量が増えて体力へ大きな影響を及ぼす
難題3
配球がしにくく、ゲッツーを打たせたいなどの受注通りに打者を打ち取れない
難題4
野手が減り張りを取りにくく、やる気を持ちづらい
そういう利点が挙げられます。
逆に言えば、メンテナンスが良い投手は、こういう談話が裏目として、組に可愛い流れを生み出します。
では、三井浩二氏作成のDVDでは、メンテナンスを磨くやり方を説明していきます。

何しろ、嬉しい投手。活躍できる投手っていうのは、メンテナンスの良い投手ですからね。

三井浩二氏作成のDVDも、
メンテナンス重視のピッチングフォームについて書かれております。
投手において一番大事なものは多々聞かれれば一番メンテナンスでしょう。
これは、三井浩二氏も言っておられます。
速球派投手に夢見るユーザーもいますが、球がすばやいだけではゲームに勝つこともできなければ打者を打ち取る事は出来ません。
ストライクゾーンにボールを投げられる振舞い。それが投手において求められる事です。
その為にはメンテナンスを良くするリハーサルやり方が必要になります。
ただ、ストライクゾーンに投げれば喜ばしいという単純なものではありません。
キャッチャーの構えたところに投げられる振舞い、
そうして高めに投げず打者のひざ元に投げられるだけのメンテナンスが求められます。
そっちさえ出来れば手っ取り早いボールを投げられなくても打者を打ち取れますし空振りは取れなくても取りこぼし三振を並べる事は出来ます。
では、如何なるリハーサルやり方をすればメンテナンスは身につくのでしょうか?
三井浩二氏は話しております。
受け答えはカラダによって投じるという事です。


野球ピッチャー伸長世直し~メンテナンスを良くするリハーサル法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 作成】映画2枚分隊

三井浩二氏も言っておられます。
大きなピッチングフォームでボディーによって投じる。
そんなピッチングフォームで投げれば自然とボールは思ったところに行きます。
メンテナンスの腹黒い投手をみるとゲンコツだけで投げてあり下半身がぜんぜん使われていません。
下半身によっていないので毎度公刊注が違ってしまいボールもあちこちにバラけてしまうんですね。
あとは、本人のやる気と焦点がカギを握ってある。
キャッチャーミットを見てそこにボールを投げ込むという焦点。
これをどれだけ持てるかが、三井浩二氏も言われているポイントです。
ピッチングは用紙的物品もありますが、本人の焦点が求められます。
要点論ではなく、絶対にキャッチャーの構えたところに放るんだ!という想い。
これをどれだけ強く持ってるかがプラスアルファの要因になります。
名工野球プレーヤーも気持ちの硬いプレーヤーほどメンテナンスがいいですし、
意思が情けないユーザーほど非常時でど真ん中に投げてしまう。
謳い文句で説明するのは簡単ですが、三井浩二氏も言われているように、現に出来るようになるには、単なるリハーサルの手配が必要です。

三井浩二氏も言われているように、
どんなにメンテナンスを磨くやり方は?
三井浩二氏も言われてますが、
メンテナンスを磨くためには・・
・公刊を安定させる。
・そのためにはウエイト引越しを安定させる。
・そのためには。規則正しい投球用紙を身に付ける。
・そのためには、それを実現させる筋力という可動方面を身に付ける。
では前文4つをマスターして、メンテナンスを磨いて出向く必要があります。
投球のルーツ 最も重要なボールはアウトローへの公明正大だ。
アウトローはとりわけ不手際が薄く、長打が出にくいボールだ。
そうして、こういう計画にメンテナンス出来れば、ピッチングは安らぎ、
更にこういうボールを活かした湾曲を使うことができ、配球の違いが広がります。
アウトローへの公明正大のメンテナンスを磨くことが投球の基本です。
これは、三井浩二氏の話ではありませんが、
ノム様振舞い、野村プロデュースでもあるのですが、「困ったらアウトロー」と言っていて、
アウトローはルーツ。って言って、そっちのメンテナンスの重要であることも言われておりますね。

三井浩二氏がこんな事を言われております。
公明正大や湾曲と言っても、1つ1つの球元凶は現況や測定にてやり方は様々です。
初球であればストライクを取り去りに行くボール、
追い込みたい時はファールを打たせるボール、
追いこんだらゴロを打たせるボールであったり空振りを願うボールであったりします。
投球練習から、「目下投げておる放物線はストライクを採り入れる放物線」
「目下投げてあるボールは空振りをとる放物線」など、漠然と投げ込むのではなく、
ボールに意を持たせてリハーサルすることが実行に役立つ投球リハーサルといった三井浩二氏もおっしゃっております。
これらを身に付けるやり方を三井浩二氏作成の映画の中で説明してある。
野球ピッチャー伸長世直しは、世みたいに言われているようなリハーサル法は全部用いません。
今まで誰もが気づかなったやり方を取り入れ、安全に自然に制球パワー倍加を手助けすることができます。
三井浩二様は元・西武ライオンズの勝者投手だ。

三井浩二様がお子さん時代、小・中学生時代の控えピッチャーから名工野球プレーヤーになった生のテクニックが詰まっています。
それに三井浩二様は、これまで数多くのお子さんを、この方法でメンテナンスが良いピッチャーとしてきたのですから。
流した汗は裏切ります・・・
「四球を出さない安定してストライクが取り除けるピッチャーになりたい」
あなたは、あんな気力を心に有する野望の凄い手法だ。
強くなるにはどうすればいいのか。
できれば有益を通して賢く望むといった、その方法を求めている方もいるかもしれません。
ピッチャー伸長への近道は、ふさわしいはじめを増やすことです。
はじめの繰り返しで基本をつくり、投手のはじめを学ぶため、ピッチャーはかならず賢くなります。
そうして一回一回のリハーサルを大事にし、ただ教わるだけでなく自分で学んで行く振る舞いを持つ。
そういった振る舞いでリハーサルをされている手法はみな強くなっていきますし、
指導者も一所懸命指令望むという気持ちになります。
三井浩二氏もそんな気持ちになっております。

三井浩二氏も言っておりますから、
ただ、ここからが重要なんです!
こういうダイアログはみんなが聞いたことがあると思います。
ですが、これは「規則正しいリハーサルやり方を知って、実践した状態のみです」
間違ったリハーサル法を通していては、ただくたびれるだけで、いっこうに賢くはなれないのです。
間違った投げ手法で、一年中何球を投げても賢くなることはありません。
流した汗は裏切ります。
流した汗を無駄に断ち切る為にもふさわしいリハーサル法を分かることが大切なのです。
こういうアドインソフトには、
三井浩二様が長年にわたり培ってきたピッチャー伸長の注が、余すことなく散りばめてあります。
ビギナーや指導者の区別なく、だれがどこから見ても打ち込むことのできるようにしました。
規則正しいリハーサルやり方を知って、実践するのが伸長の要領と言われます。
こういう三井浩二様作成の映画 がみなさんのモデルと生まれ変われるのなら、これ以上嬉しいことはありません。
そうです。参考にして取り、上手くなって、お子さんが楽しくなる風貌を見たいですね。

三井浩二氏も言われていることですが、
では具体的に何を受け取る事ができるのか?
その1つをご紹介すると…
 
ストライクが入らず、支えにも顰蹙を買っていた社会人草野球投手が、娯楽を遊べるまでにメンテナンスを
向上できたリハーサルは?

団体の野球組もピッチャーが比較的メンテナンスがないと、娯楽にならず侘しいですよね? 打ち取るだけが目的ではありません。 望ましいリハーサルのポイントをお見せします。

メンテナンスが良いのは1-2回までだった、非力ピッチャーがゲームの三分の二まで安定した制球力を会得した○○によるスクールは?

スタミナを上手に出費しながらの投球手法はとても要だ。 筋力倍加や体力もやはり大事ですが、体幹を●●に注視したトレーニングが効果的ですので三井浩二氏が解説させて下さい。

戦いになると、メンテナンスが定まらなくなってしまう投手が一層見直すべき軸乗り物のやり方は?
心理プレッシャーは、体躯オペレーションの失調を育み、その失調から思い通りに投げられなくなるのです。心理を考え込む前に、とにかく工学を付け足しましょう。

三井浩二氏も言っておりますが、気持ちはチェックポイントですよね。

三井浩二氏も言われておりますが、

リハーサル以外の時間でもできる、メンテナンスの良い投手になるための Goodストレッチング法は?

アップダウンのストレッチング、前後のストレッチングをはじめ、○○骨を痛めないやり方など、肩の移転が良くなる4分類のやり方をご紹介ください。

メンテナンスを美しくしようとすると、持ち前の速度が落ちて仕舞うご苦労の回答は?

せっかくの速球もメンテナンスが悪いと成果半減なのは三井浩二氏も言われてますが、誰でもお分かりですね。速球を使いこなしながら制球力をつりあげるのは、感じる位難しくはありません。 三井浩二氏作成の映画談話を見ていただければ把握頂けます。

いつまでたってもメンテナンスが良くならない少年野球プレーヤーがやる、習得時の間異なるグローブの○○は?

グローブを○○せずに、投げるベクトルにかけて生み出すやり方が異なる少年投手をそれほど見かけます。どんなに治すべきかを、動きを単位分けながら三井浩二氏がレクチャーします。

三井浩二氏も言われおりますが、

球分かれが速い欠点を、 わずか数日のトレーニングで解決し、メンテナンスをレベルアップしたリハーサルやり方は?
ボールを投じる近くの肘のやり方、突き上げるときの高さといった○○に気配りを対しましょう。クリアのポイントがきちんとわかります。三井浩二氏作成の映画で現にお見せください。

球分かれの悪さを修正することで、 メンテナンスを見違える程良くすることができた投手が行ったリハーサルやり方は?

頭の位置、対し方を意識した肘の用い方を敢然とリハーサルする抜け道があります。少年を指導する中で成果を発揮したやり方をお伝えできます。

球速が鈍いのに打者にゴロばっかり 打たせることができる投手のメンテナンス勉学法は何が違うのか?

メンテナンスが最重要だ。打者から見て、打ちにくいボールを投げる○○の注があります。附属ポイントの秘訣と共に三井浩二氏がお伝えしましょう。

多くの投球を投げても、制球を壊れさせずに最小限の消耗ですむ、効率的な身体のやり方は? 

投球はゲンコツだけや、ボディだけで行なうものでもなく、下半身だけに寄りかかるものでもありません。 全編を通じ、投手に必要なアビリティーを学んでいただければ最小限のスタミナではじめゲーム投げ下回ることができるでしょう。

ピッチングで必要な柔軟な下半身を仕掛けるための効果的な配置実行は?

○を遠ざけずに立ち向かう三つの効果的なストレッチングを授けるましょう。痛いのではなく、気持ちよくなるまで実践することでリハーサル成果を増加させることがおそらくできます。


野球ピッチャー伸長世直し~メンテナンスを良くするリハーサル法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 作成】映画2枚分隊




お消耗だ。
やりました。現在、開幕ですけれども、勝ちました。去年は4連敗メインだったのでね。それでですけれども、去年は、元来開幕から1合戦も5割を超えたことがない季節であり、さみしいハートしましたけど、
その感じは、現在勝ったので、首位ですし、翌日勝って、勝ち越しからスタートしたいところではいるね。
いやはや、見たいゾーン。それはアクティビティー書物であり、11ケースからのですけれどもね。スカパー!でのチャンピオン野球書物あるのですけれども、それをね。みたいな?というね。思ってはいます。
で、ヤクルト以外ではあるのですけれどもね。広島のジョンソンですけれども、5回も持たずに打倒になった意図ね。それは把握ね。これが、去年と違って、流れが去年は通算カープの感想だったのが、それがこっちではないのかな?それを象徴する異変かな?ってね。思って羽織るのですよね。
あとは、ジャイアンツは妥当に勝った?

で、他のレジャーはどうなったのかな?意思には至るところでは出るのよね。
そういえばですけれどもね。ハムは大谷が乗り物の問題でWBCにですけれどもね。辞退に関してになったわけでね。
それでさすがに開幕投手にはできないし、先発投手としてのですが、置き場はできていないわけでね。今年はですけれども、DHでスタメンで野手メインで、折々、リリーフをするのかな?とも思うのですけれどもね。
必ず、二刀流にですけれどもね。講じる場合であれば、何より野手で判定打席を達成するのは当然という結果、そして、投手というのをね。そうなるとね。
こうなってしまうとね。DHあるいは村八分でリリーフしかできないのよね。
ということでもあるけれどもね。そういうのってね、どうかな?ってね。
予め、二刀流生じるのであればね、そうするしかないでしょ。ってね。
問題戻してですけれどもね。開幕ね。勝てば最高ですが、負けたら、いよいよ開幕戦では留まるのよね。そういうこと。

で、去年のことをね。練り上げることをね。勝ったのは良かったですしね。
スポーツマンね。ほんまよね。今日はナイターで翌日はデーゲームという結果、ほんまね。
起きる時間も違うし、今日はナイターでまるごと寝て、早い時間に起きないといけないのはね。大変ですよ。
まず、明日の先発投手はですけれども、この日に備えているからいいものではあるけれども、野手はね。ほんま。これで勝っていて、気分素晴らしくできていれば良いけれどもね。
負けていたとしても、ぼろゆがみとか、明日に引きずらないような感じではあるからね。
そんな感じであるとね。どうだろう?

で、開幕投手って僅かナンバーワン同士の対峙をね。していかないといけないわけでね。ゆがみが貫くといったね。相当ね。この流れになってしまうので、今年はこういう困窮クジみたいな投手は誰かな?ってね、幸いですけれども、ウチの石川はですけれども、現在勝つ意図できたのでね。そこから奮闘をしてほしいね。で、次は下手くそのアウエーか。
というのは、昨日、球数は多かったとはいえ、初めて調子よくなったところだったので、悔しいといえば、悔しいのですけれどもね。
も、外人投手を記帳の関係ではあるのですけれどもね。記帳消しないといけないわけで、ここで1ひとりひとりを洗い流すことになるのには、良い結果だったのかな?というね。
ルーキはバックアップ投球したが、ギルメットはまったくダメという意図。そして、今日の先発投手のですけれども、オーレンドルフというブキャナンを先発間隔で回すこととなりそうなので、これは、両先発投手の気遣いにはやってくるのですが、お願いオーライになるかもしれないです。
これで、先発投手のどちらかがわるかったら、ファーストの外人だグリーンを入れて、賢く畠山を休ませながら、使っていくのかな?ってね。思うところですけれどもね。
別に、4月の終わりのゾーンまでそのあたりまでで使えそうな仲間ってそうでない方を探る時間にはなっていくのかといった。

で、現在ですけれどもね。テレビジョンで見るとする。
今日はスカパーではなく、BSで見極めることとする。OBだ宮本慎也がですが、辛口な解説をできるのでは?とも思っています。
NHKで解説をしているとあんまり神宮に来る儀式は必ずしもはないですし、それもマイクの予行で話すことっていうのは、それほどは多くはないのでね。
で、今日の合戦。先発投手が両人NPBのですけれども、初登板であるから、昨日のマツダ球場ではないが、大量得点の取り合いになって、デーゲームなのに、5距離レジャーになってしまい、終わったら、ナイターに関してになってしまう可能性もありそうですね。
うしろの月日あるかたは、困った感じになってしまいそうね。夜勤の前に野球という感じですといったね。今日はそういうことには向かない合戦にはなってしまいそうね。
そういったのもあるけれども、不安であるけれども、まったく違う針路にもなりそうな感じでもあるね。なるほど行きたかったわ。

よし。そろそろ始まりますね。今日の合戦でね。どういう合戦をね。吊り上げるのかな?って思ってはいるけれどもね。
ってな結果ね。宮本慎也ですけれども、どういう感じで、古巣ヤクルトを斬るのか意思にはなっては生まれるのよね。
で、2番ショートから見極める野球観というのもね。意思には至るゾーンね。
それは他の群れ。他の群れの1,2番バッター。あとはですけれども、内野玄関。とくにショート。セカンドですけれども、そのあたりのスポーツマンですけれどもね。如何なるうわさによってみているのか?ってね。熱望本位で思うところではとどまるのよね。
そんな感じでね。見ていて、どういう感じで野球観を持っているのかな?ってね。それを聞いて、どういう製造になるのかな?といったね。思っているのよね。
そういった合戦なんですけれども、すぐさま、両群れともにですけれども、初登板ので、合戦が読めないですね。
開幕戦などのナンバーワン対峙であれば、薄々のメドはたつのですけどね。

いやあ、いかなる合戦になるのか?としていたら、ひとまず幕開けは荒れ果てるようなそんな感じでね。いますね。
で、ベイスターズのルーキー投手ね。うまいね。結果はわからないけれども、アプローチ振れているからね。今永や開幕投手をしたのですけれども、主人も生きの良い投手ですしね。そんな投手っていうのは、ヤクルトにも来てほしいけれども、きませんね。
っていうのは、縁故がないのか、スカウトのアプローチが腹黒いのか?少々わからないですけれどもね。
で、現在要る投げておるルーキーくん。けん制とかフィールディングが良さそうなのでね。投球に集中できるのかな?というね。上、球が動く、短縮気味に起きるし、チェンジアップも良同様ね。
という結果ね。今日の合戦からそのあとにですけれども、対戦していってから、なんで成長していくのかな?
見ていて、ああいう生きの良い投手っていうのは見ていて、ヤクルトには何となくいないタイプだからねたましいものですよね。

むしろね。合戦がながくなりそうなそんな感じね。
4距離レジャーにはなってしまいそうね。もちろん幕開けというか、立ち上がりっていうのは、どういう投手も気苦労し、ここがバトルなのかもしれないですね。
第一歩からエラい打順に回って来るわけなのでね。そういうことをね。考えるとね。幕開けっていうのは、バトルをね。していかないとね。ダメですよね。
で、2回になると、打順が下がってくるからね。そんなふうに考えるとね。幕開けって1都度投げて、2回になると基盤とかそういうのもあるけれども、慣れてはくるからね。
何だか、2回になると、落ち着いてくるな?というのもありますけれどもね。
で、投手が打順に入って浮き出るのもあるからね。そこで落ち着いてアウトをはっきり取るということがでね。落とせるっていうのは、DHのないセリーグの特長でもあるしね。
で、DHをセリーグでもっていうのあるけれども、それは大反対ですね。
どうしても9個々で野球売るものですしね。

投手も打つことが好きなスポーツマンというのも多いですしね。でも、開始リーグとか、スポーツマンが少ないのであれば、DHをあって、投手トランジットを打順でしかたなく交代して行くため、スポーツマンがいなく渡るような困ったことにはならないようにといったね。しておきたいけれどもね。
あとはですけれどもね。どうしても、セというパでは微妙にやることが違っても良いのかな?って思ってはいますね。
心から同じ条件でやっても十八番でないわけですしね。
会話かわってね。筒香のですけれども、スパイクなんですけれどもね。ナイキからビムロに変わっていますね。
現在、増えたよね。イチローも組み入れるし、おいらも草野球をする意図あったら、買ってみたいね。たしか?国産でしょ。それってね。広いよね。乗り物に敢然となじみそうですしね。
一向に靴っていうのはね。素晴らしいものをね。履きたいですしね。足元から敢然したいところですね。
あれ?WBCのときから、ビムロだったっけ?っておもうね。

なんとか始まりましたね。
っていうのは、夜に、11ケースからチャンピオン野球が開催している日光には、チャンピオン野球書物をやっているからね。
延々と通知が入っているっていうのはね。あるからね。次の競り合い彼とかを見極めるというのもあるのですけれどもね。
依然として、4月なんでね。もうなのでしょうけれどもね。
わかった意図ね。打線ですけれども、川端がいなくても打線が活発なのは、良いことでは芽生えるよね。
昨日は、3番山田、4番バレンティンが当たっていなかったのもあるからね。それで打てなかったから、勝てなかったのもいらっしゃるね。
しかし、今日は、相談待ち望むゾーン、依然、当たっていないという仲間いないのと、ここは、楽しいムード。それに心配であるのは、畠山ですけれどもね。気遣い悪かったもので、ホームランを打てた結果、良いスタートを下回る意図できたのかな?
現在ってこれからのですけれども、遠征も考えると相応しい選別できたのかな?

う~ん。微妙。っていうのはね。打つバッターですけれども、そんなときにですけれども、バトルを避けても安穏からあると、飛び込みにストライクを取りやすいというのも起きるね。
そんなところでもあるから、バントって、一長一短あってね。アウトを贈るというのもあるから、素晴らしい面もあるし、そうではないところではあるからね。そんなことを考えて采配をふるってほしいしね。上、バントして、あとのバッターで打ち取られたとしてもですが、ほとんどなったとしても、やることによってダメだったというふうに見た目良いですからね。
これで、死に体アウト1塁で打ちをめぐって、両人熱唱になってランナーがですけれども、入れ変わってしまうとね。いなくなってしむとね、装いといった基盤っていうのはね。情けないからね。で、オーレンドルフのうわさね。どうかな?ってね。
上何回は時間あるかとは思うね。次は、1週後の広島相手にどうなるかね?

で、そうなるとリリーフですよね。ここが機能するか断ち切るかがバトルでね。
優勝したときはですけれどもね。後ろの外人いらっしゃるけれども、3個々が断然しのいでくれたし、秋吉も良かったし、久古が左を頑として待ち受けるというそういうのができるとありがたいのですけれどもね。
それが今期できるのか?繁盛の方程式ができるのか?というところですね。
去年も広島はね。優勝したのは、ジョンソン、野村。黒田などの先発投手の奮闘もでかいですけれどもね。でも、リリーフの外人ですけれども、ヘーゲンズ、途中から先発に行ったけれどもね。その代りに今村ね。で、8回は、ジャクソン。最後に、中崎みたいな方程式なんですけれどもね。そういうのが出来る群れっていうのは、煩わしい認証なのでしょうけれどもね。
そういった面では、ベイスターズですけれども、真新しい外人のパットンが良さそうでね。なので7回、8回に芸風球を投げる三前文。クローザーに山崎ですね。

ということをね。考えると、他のセの群れってね。裏手はしっかりしている群れに関してになると、ジャイアンツ?
沢村いなくて、新外人がハマるかですね。山口いて、マシソンいるので、せっかくなりそうなのですけれどもね。そう思うとね。リリーフハッキリやるのは手掛かりね。
で、ウチ。秋吉は本当は、8回がベストなんでしょうけれども、石山も良いですから、石山8回で、その前にルーキいて、秋吉が最期9回という形できそうですから、あとは、左の強打者が多いセリーグでですけれどもね。そんなところでの左殺しという意味ではね。ぜひ久古の復古をね。望むね。
秋吉が、実にサイド手遅れんでね。左の強打者だ筒香や阿部、糸井などいるので、そこを声色できっちり抑えてくれるような投手いてもらえるという、部門が増えますからね。
とりあえず、先発は5回で3職場までにしていればいよいよ打線の炸裂テクノロジいるのね。

そういうことでね。ようやく接戦に呼び込む意図というのが重要ではあるかとね。そんなに思ってはいるのよね。
で、打たれてしまったら。仕方ないというふうに思われてほしいくらいのスポーツマンでてほしいけれどもね。どうなっているのかな?そういうことでね。
で、阪神とか中日の評価がおいらとしては低いのは、断じてリリーフで不安があるゾーン、そして、打線がか弱いというところね。そこが一大問題であってね。いくら職場を誠にね。戻る不安あるとね。務めというのがね。上がっては欠けるというのもあるしね。
で、どうでしょうかね?まずは、1身近。全部の群れって対戦してみて、4月が終わってみてのハートを持ってからですね。ゴールデンウイークが終わってから、そこからがバトルでね。ふれ合い戦ですよ。こちらって、ダイレクト対峙ではないので、勝てば大時間でね。レジャー差が大きく変わってくれるのでね。パの群れの援護に相談待ち望むところでは留まるね。

よし、後々ね。来週は野球視聴にでもまずは行ってこようかは思ってはあるけれどもね。
で、来週の今更はですけれどもね。BCリーグの最前開幕戦も行ってきて、どっちが勝ってもOKように、気楽に合戦が見る意図できるようにとね。思ってはいますね。
で、来週までに延々と証用の色紙を以ていこうというね、そういった器機というのをね。しておこうといったね。思うのですけれどもね。
ついにですけれどもね。まずは日付を見て、行きたい合戦といったそうではない合戦というのもあるから、そのハートをね。感じておこうといったね。思うところではあるけれどもね。
ってな感じですね。
今年はピンポイントでしぼって、野球視聴にでもでかけておこうってね。思います。元金ないから、そのあたりをね。考えるとね。しぼっていかないとダメであるからね。
ってな感じでね。
よし。金曜にですけれども、色紙や魔法などを用意しようってね。あとは、スマホの充電忘れないようにしないとね。

リアル、いいものではありますね。
も、複雑でございます。今日、現況を崩さなければ、神宮に行く意図できたのにね。
おや、失敗しましたね。っていうのは、今日、神宮球場に行くつもりではいたけれども、それは現況を考えたら、行かないで、休業につかったデイリーは正解だったけれどもね。
神宮にぜひ行って置きたかったね。
山田のホームランをね。考える意図できたわけですしね。バレンティンのタイムリーもあったし、で、最後の最後に、鵜久森が代打でできて、初球を一風でおさらば満塁ホームランね。
いやはや、大いに探ることのできない。満塁ホームランをあるし、代打で初球おさらばホームランも有難いしね。
いやはや、9回にまさかの坂口を1アウト2、3塁で迎えて、敬遠して、敢えて山田で勝負して、山田を三振。バレンティンをショートゴロで抑えたので、いまひとつ作用でしたが、それもありながら、そのあとに最後にああいうドラマが遠ざけるはね。

という、相成りまして、今後の合戦の方向にも延々と可愛い針路にかけては行くのかな?ってね。思ってはいるそんなところではあるけれどもね。
現在良かったのは、後々、代打のワイルドカードになりそうな。元パリーグのスポーツマン。右だと、おさらばホームランを放った鵜久森。左ですと、ロッテから大松ね。ここがそんな感じで、代打のワイルドカードがいるはきついね。
そのうちに内野ならばどこでも守れるし、去年代打成功率が4割近かった今浪。主人も元パリーグ日本ハムね。ショートでセカンドサードも落とせるというのが、非常に大きいゾーンね。
で、上気になってはいるのは、榎本ね。主人が打つ意図できるようになったらですけれども、バレンティンや、坂口、雄平の気遣い次第では休ませながら、かつ守備力を落とさないように取り去れるわけでね。火曜日は、藤浪をね。訪ねるわけでね。そのあたりね。榎本も代打1番手でね。賢くスタートあるので、申し込みでてほしいものですね。

で、おいらの中ではこれは他の2カード見ていないで、チャンピオン野球書物って印象ではあるけれどもね。マツダの合戦ではムービーをちょっとづつではあるのですけれどもね。見る意図できたから、ある程度は聞き取れるけれどもね。
一際、ウチは今の感じであれば。4位は如何にも確定かな?ともいえる談話ね。
これは個人的な印象で、1身近当たってみてのハートという、4月終わってみて、まずは、GW終わってみて、そして、現在ですと、ふれ合い戦始まる予行。終わった後、オールスター前の小憩。
ここが顔ぶれ変わり目であって、オールスター明けって始まったら、再び6連戦である程度夏は出向くわけで、サッと秋になっていくようになるし、どんな夏になるのか?
ストーブリーグになってしまうのか、優勝合戦になっていくのか、それとも失速してしまるのか、ここらである程度の賜物っていうのはね。わかってはきますからね。
で、今年の近年をね。思ったことを書くとしようかな?

案の定と思ったのは、今期前文と思ったのは、ベイスターズといった広島なんですけれども、それでは広島、彼の自滅に助けられたにあたって。いっぽ間違えたら、3連敗もあったわけでね。
それを最前開幕とはいえ、2勝1敗の勝ち越しができたことが広い。
本当は、ビジター。甲子園はセンバツで使えないので、京セラも無理でか、強行してほっと再度神戸での開幕のバリエーションもあったのですが、それをしないで、開幕戦をやる権利を放棄してくれたから、広島でできたわけでね。これは幅広いし、ジョンソンが思い切り大荒れで打倒されながら、2戦目、3戦目には勝てたっていうのはね。
何とか、優勝したら、2戦目で劣勢から勝つ意図できたという意図ね。
で、阪神ね。メッセンジャー。岩貞。藤浪が投げている間は手ごわいけど、あとは貧弱でとくに守備のザルさはひどいね。年間100過誤は固いでしょうね。
残り、リリーフのドギマギ風を見てしまうと甚だところですね。

で、先発3枚以外ではおそらく、有利にはなっていく意図できるのはね、良い感じですね。勝率も行っても5割かな?という感じでね。あんまり打てる印象もないですしね。ただ、トップの甲子園とかですと、マズイ基盤がね。あるからそれに飲み込まれない意図ね。
初めて、先発投手をマウンドから早めに下ろす意図。こちら手掛かりね。
あとは、左打者が多いので、左のリリーフが、中澤か久古待ちというところにはなっては顕れるのかな?といったね。
で、中日ね。恐ろしいよね。パワーを去年のウチにてつけてしまった。ベイスターズ様なんとかパワーをとめてほしいね。で、まだ永、井納というところが残っていますからね。とりわけ、ウチが舐められてある認証ではあるのですが、ここで敢然として現れるのかな?といったね。
中日はついに高橋周平って福田が使えるような感じで、今期行ったほうが、良い結果見つかるのかもってかってに思っています。今年も苦しいライバルが貫くかな?って思いますね。